外壁塗装・屋根塗装なら塗りかえ~るにご相談ください!

    外壁、屋根塗装の目的は「劣化防止と美観の維持」です。    

 

 目に見えていなくてもしなくてはいけないのが外壁塗装リフォーム

リフォームのサインや兆候が現れなかったとしても

だいたい10年で外壁塗装を行うようにするほうが良いでしょう。

 

外壁塗装は足場代だけでも10万円以上工事全体となると100万円を超えることもあります。

 目先の支出だけでいえば非常に高いです。

 

しかし、その見極める時期がおくれてしまうと、結果として家の構造体の被害へと繋がり、

非常に高い支出、大きな損失になってしまう可能性があります。

1、塗料の選び方                     

大事な家を守るためには、信頼性の高い塗料を、信頼できる業者に塗ってもらうこと」がもっとも重要なポイントです。

 

さまざまな機能の外壁用塗料の中から、ご要望に合った塗料を選びます

 おすすめ塗料                      

2.水性塗料と溶剤塗料                   

水性塗料

水で薄める水性塗料は近年急速に広まっている塗料です。理由としては、水で薄めた塗料の方が臭いが少なく、環境や人に対しての負荷が少ないためです。水性塗料の工事であれば、施工中、近所にも迷惑がかかりにくいという利点もあります。

溶剤塗料

薄めるものが水ではなく、シンナーの溶解力によって、弱溶剤と溶剤に分けられます。

水を使っても溶けなかった塗料をシンナーを使ってわざわざ強力に溶解するぐらいなので、その塗料の力は非常に強く、溶剤塗料は正しく塗ることができれば非常に強い耐久性を持つ塗料となります。

しかし、シンナーを使うので強い臭気があり、近隣の住民の方への配慮が必要となります。

そこで、最近登場したのが、弱溶剤タイプです。臭いも少なく、環境にやさしい塗料となっています。

3.艶ありと艶なし                     

塗装した後の家は「つや」があるイメージですが、その「つや」を抑えることも可能です。

あり < 7分艶 < 5分艶(半艶) < 3分艶 < なし(艶消し)

塗料によってつや消し、つや無し、あるいは何分つや有りに出来る出来ないなどがあるので、塗料を選ぶ際はその点も考慮しましょう。つや有りは、どうしても年数が経つにつれてつやはなくなります。それは塗料の塗り替え目安の10年~15年よりも早くくることは間違いないです。逆につや無しのデメリットとしては、新しい感じがしない。汚れがつきやすい場合があるなどがあります。