fbpx

戸建て住宅のリフォームに関する相談の中で不具合の部位別事象は、多い順に、

 ●外壁や基礎のひび割れ(21.6%)
 ●屋根や外壁等の雨漏り(14.7%)
 ●設備機器や開口部・建具などの性能不足(13.5%)
 ●床や開口部・建具などの変形(11.0%)
 ●外壁や内装などのはがれ(9.9%)

となっています。

考えられるトラブルの原因

費用だけで業者を選んでいる

外壁リフォームは安い買い物ではないので、なるべく費用は抑えたいもの。
ただ、安ければいいということではありません。施工内容はしっかり説明を聞いて判断しましょう。

●契約を迫られたので契約してしまった

訪問販売によって、「今すぐ契約いただくと格安になります。」などと契約を急かされ契約してしまったという事例は少なくありません。訪問販売=悪徳業者とは限りませんが、様々な手口を利用してしつこく迫ってくる業者には注意が必要です。

●施工不良

塗装してあまり時間が経過していないのに、塗膜に浮き・はがれなどが発生するトラブルも多くあります。
それらの多くは外壁に塗膜がしっかり密着していないために発生するもので、ほとんどは施工不良が原因です。
下地処理を適正に行っていない(洗浄不足や下地の調整不足)、適正な量が塗られていないことなども原因になります。
中間マージンが発生する工務店や大手ハウスメーカーに依頼すると、塗装店は下請けという立場。よって利益が圧縮されがちです。
厳しい条件での施工を強いられることになり、手抜き工事が起こってしまうのです。
見積書の内容だけで判断するのは難しいかもしれませんが、どのような施工を行うのか、きちんと確認して防ぎましょう。

トラブルを防ぐための3つのポイント

上記のようなトラブルを防ぐためにも、業者選びは重要です。
見極めるポイントはいくつかありますが、まずは以下の点に注意するのが良いでしょう。

POINT1<現地調査>

正確な見積を作成するには現地調査が必要です。屋根も見てもらう場合でも、カメラを使用したり実際に登って
診断しているかなどが判断基準となります。診断書を作成し、お家の状態を分かりやすく解説してくれる業者もあります。

POINT2<見積内容>

見積書の書き方も業者ごとに異なります。細かさや分かりやすさ、きちんと平米を出して計算しているか、何回塗りで
塗料は何か、などを見て判断しましょう。

POINT3<アフターフォロー>

もし何かあった場合に備えて、その後のアフターフォローも重要です。保証期間などを聞いて確認するのが良いでしょう。

お客様に安心して工事を任せていただけるように、塗りかえ~るでは、適切な現地調査からお見積り作成、施工、
そしてアフタフォローまで、1つ1つ丁寧にこだわりをもって対応しています。