fbpx

経年劣化のサイン

塗装を検討する時期は、新築・前回塗装から約10年が目安です。
外壁や屋根は日夜風雨にさらされているため、様々な劣化が見られるようになります。
 
劣化のサインを見逃したり放置してしまうと、取り返しのつかない状態に・・・。
 
あなたのお家にこのような症状はありませんか?
この機会に1度チェックしてみましょう。

クラック

クラックは目に見えてわかりやすい劣化です。塗膜が丈夫であれば揺れに追従するのでクラックは入りませんが、塗膜が劣化しているとこのような現象が起こります。細かいものはヘアークラックと呼ばれ、下塗りなどで防ぐことができますが、大きなものはコーキングでの補修が必要です。

汚れ、カビ、コケ

雨がよく当たる場所や、日当たりや風通しの悪い場所は、湿気が溜まるためコケが発生しやすくなります。塗膜が劣化が原因で汚れやすくなっているのです。

スレートの屋根にコケが生えている状態です。屋根は雨や紫外線の影響を多く受けるので、壁よりも劣化が早く進みます。屋根は普段見えにくい場所であるため、気が付けばこのような状態に…ということも珍しくありません。

お風呂など水場近くの換気口は、湿気を含んだ空気が出てくるときに冷えて水滴になり外壁を濡らすため、汚れやすくなっています。
雨や水の通り道は、写真のように筋になって汚れがついてしまいます。

塗膜の剥がれ

丈夫な塗膜は剥がれが起きませんが、劣化している塗膜は脆くなっています。新しい丈夫な塗膜に塗り替えることが必要です。

こちらは瓦の塗膜が剥がれている写真です。モニエル瓦の場合はスラリー層をきちんと洗浄で取り除かなければ、塗料が密着せずにすぐ剥がれてしまいます。

チョーキング

手で触ると白い粉が付く現象をチョーキングと言います。塗膜が劣化して粉化している証拠です。

色褪せ

色褪せの主な原因は紫外線です。日中浴びている紫外線によって壁は次第に色褪せていきます。日当たりの具合によっては壁の北側と南側で全然色が違うということもあります。

色褪せるのは壁だけではありません。普段見ない屋根も気づけばこのように色あせてしまっていることも・・・。

コーキングの劣化

目地の部分です。ひび割れはありませんか?青く見えているのは下地です。劣化が酷いと雨漏りの原因に。

劣化が進むとこのように剥がれ落ちてしまうことも。こうならないためにも早めのメンテナンスが必要です。